比較法の特徴

比較法の特徴

比較法の特徴 異なる2種類の金属の性質を使って温度を測定する熱電対の計測器は、使用する内に多少の誤差が発生するものです。そのため一定の周期あるいは誤差が顕著になった場合には、校正をして正しい数値が出せるようにする必要があります。
その校正方法のひとつとして挙げられるのが比較法で、すでに正確な数値が出せる計測器を標準として、それに合わせていきます。作業は外部からの影響を受けずに常に安定した温度を保ち続けられる恒温槽にその両方を挿入し、標準が出す数値に合わせていくのみです。その温度に関しては特に定まっておらず、任意で設定します。
別の校正方法には定点法という、自然の原理で温度がはっきりと定まっているものを対象にするものがあります。それに比べると標準とするのがあくまでも別の計測器だという比較法は、精度の面では劣りがちです。しかし実際に校正を行うためには、最低でも標準計測器さえあれば問題ないので、手軽さという意味では優れています。

計測器で用いる測温抵抗体が持つ測定の原理

計測器で用いる測温抵抗体が持つ測定の原理 温度計測器に使用される測温抵抗体は、金属の温度が上昇すると電気的な抵抗が上昇するという原理を応用しています。そしてその上昇率は比例の関係にあるため、安定した測定が実現できます。
電気の基本的な原理として、電圧は電流と抵抗を掛け合わせた計算で出すことができます。したがって計測器で流す電流が一定だった場合、抵抗の変化によって電圧がどれだけ変わるかが把握可能です。
計測器で用いる測温抵抗体は、あらかじめ温度変化によって変わる抵抗の数値が分かっています。そのため計測器の内部で電圧がどれだけ変わったかが数値として出れば、温度まで辿り着くことができるわけです。
この仕組みはあくまでも金属が元々持っている機能に頼る形なので、シンプルな形状になるのが特徴です。また基本的に用いられる金属が安定していれば、精度の高い測定ができるのが強みです。その金属の選択次第では、氷点下から数百度までの間で幅広い測定が実現可能です。

新着情報

◎2020/12/8

装置は購入もレンタルもできる
の情報を更新しました。

◎2020/9/8

比較法の特徴
の情報を更新しました。

◎2020/6/15

基準接点補償計測器の測定方法
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「計測 比較」
に関連するツイート
Twitter

人工衛星からマイクロ波を照射し、地下に埋められた水道管の漏水状況を調べる技術が開発された。計測データを比較して、なんと水道管と下水管の判別まで可能だという。

返信先:他1人放熱阻害比較だけなら手間のかからない方法も提案 長風呂などで深部温を38.5~39℃まで高めた後 体を拭いて服着て少し冷まして38℃あたりに開始を揃えて 同じ環境でマスクありなしで冷却休憩スタート 深部温度が37℃に戻るまでの時間と呼吸量と回数・拍出量と回数・皮膚温・汗量を計測して比較

建築にも、その高さや床面積、或いは工費や収容人員等を比較することによって順位や序列を付する事はできよう。しかしそうした順位に建築の本質が宿るものでないことはいうまでもない。むしろ計測不可能な質的側面のうちにわれわれは建築の真の価値を見るのであって、その点にこそ建築の本質がある。

【モバイルWiFi】元プロバイダー社員がポケットWiFi 4社を同時に通信速度の実測値を計測。Broad WiMAX+5G、楽天モバイル、どこよりもWiFi(クラウドSIM)、ギアWiFiを比較! 37

そういえば今のとぷこだの C++ 環境って普通に chrono 使って時間計測しても差し支えなかったりする?rdtsc 使ったのと雑に比較したけどあまり違いを感じなかった